おすすめSFミリタリー小説5選【小説家になろう】

スポンサーリンク
サブカル
スポンサーリンク

軍事ミリタリー系ネット小説が好きで数十作品を今までに読んだ筆者が、オススメの小説を紹介していきます。

一言に軍事といっても幅広いので、今回は旧日本軍又は自衛隊が登場する作品に絞って紹介していきたいと思います。

さすらいのトラ
さすらいのトラ

ハーレムとか俺TUEEEを求めている方には

ブラウザバックをオススメします。

スポンサーリンク

日本国召喚

剣と魔法の世界に転移してしまった日本国が主役です。転移した先の国家と国交を結んだり日本に害意をもった国家と戦争したり。比較的自衛隊TUEEEの描写が多く、これはこれで面白いのですが戦闘描写は割と薄味な印象。

なろう系にありがちなファンタジー要素もしっかり取り入れてあるので、小説家になろうをいつも読んでる方で軍事小説に興味を持ったばかりという人におすすめです。

日本国召喚
日本国召喚第1巻~6巻、コミック3巻発売中!!(第4回ネッ// 無料オンライン小説です

The Islands War 破局の章

初期設定としては「日本国召喚」と大きな違いはなく、日本が異世界に転移してしまう(ただ、ファンタジー要素はあまりありません)というものです。他の日本異世界転移ものの小説ではササッと流されてしまいがちな、日本が異世界で戦争に巻き込まれるまでの部分がとても丁寧に書かれています。

破局の章だけだと、日本が異世界国家から迫害されてばかりなので少しもどかしさを感じるかもしれません。後述の反撃の章まで一気に読んでしまうことをオススメします。

The Islands War  破局の章
――時は西暦20××年。日本は異世界に「転移」した……! // 無料オンライン小説です

The Islands War 反撃の章

前述の破局の章で虐げられ続けられた日本人が遂に立ち上がり、ローリダ共和国を僭称する異世界の武装勢力と戦います。憲法九条や国民感情等に配慮しながら自衛隊が戦う姿は、妙に生々しくてリアルです。

戦争終結のさせ方、落とし所もとてもよく書かれていていますし、情報量もその他の異世界転移ものとは比較にならないくらい凄いです。10式戦車が無双するところはまさに感無量でした。

The Islands War  反撃の章
――時は西暦20××年。 日本は異世界において 未曾有の戦乱// 無料オンライン小説です

日本本土決戦!「独立第7師団かく戦えり」  ~戦国自衛隊に捧ぐ~

時はソ連崩壊間近の北海道。ソ連の機甲軍団の侵攻に備えて北海道にて演習を行っていた自衛隊の第7師団が、1945年の11月の千葉に転移してしまいます。転移した先の世界線では大東亜戦争が未だ継続中で、海を埋め尽くすほどの米軍が日本本土へ上陸し蹂躙していく様を目撃し、師団員も多数殺害された陸上自衛隊第7師団は、やむなく日本側として本土決戦に介入することを決意します。

旧日本軍と自衛隊が合同で米軍と作戦遂行していく姿は胸熱でした。安易に自衛隊TUEEEにせずに、数々の困難を乗り越えながら終戦を目指すところもよかったです。

日本本土決戦!「独立第7師団かく戦えり」  ~戦国自衛隊に捧ぐ~
~衝撃の名作 戦国自衛隊から30数年~今度は陸上自衛隊第7師// 無料オンライン小説です

別説、太平洋戦史  第一部 「激闘!制号作戦」燃え上がる波濤

大東亜戦争中、旧日本軍が米軍に負けないように奮闘するお話。微妙にご都合主義的な面があることは否めませんが、忠実だと負け続けだった日本軍が米軍と互角に戦いを繰り広げる場面は見ていて非常に爽快でした。

当時の兵器や戦術などもよく調べられており、読んでいて違和感をほとんど感じません。作者さんは上記の「独立第7師団かく戦えり」と同じ方で、安定の面白さです。

別説、太平洋戦史  第一部 「激闘!制号作戦」燃え上がる波濤
物語は昭和19年マリアナ海戦の数ヶ月前から始まります。 連合// 無料オンライン小説です

まとめ

異世界ファンタジーのハーレム&俺TUEEEものが跳梁跋扈する小説家になろうのなかで、純粋な軍事作品が占める割合は非常に小さくはあるのですが、その中で面白くて読み応えのある作品を厳選して紹介させて頂きました。

なろう系のテンプレに飽きてしまった方々にも是非読んで頂きたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました