【広告主向け】バリューコマースで一括承認する方法!CSV形式が鍵

スポンサーリンク
副業
スポンサーリンク

こんにちは、もっちーです。

近年、メディアを利用したマーケティング方法としてアフィリエイト広告が伸びていますよね。

アフィリエイト広告を出稿できるASPは様々ですが、バリューコマースはA8やもしもアフィリエイトと並んで大手として有名です。

そんなバリューコマースを利用している広告主の方、成果の承認の際にCSVデータをアップロードして大量の注文を一括承認したいけど、ヘルプを見てもやり方がわからないという方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、バリューコマースで大量の注文を一括承認する方法を解説します!

【ちょっと自己紹介】

どうも、もっちーです。

大学在学中に神戸大学3年次編入試験に合格→ベンチャーで広告運用。

リスティング広告を中心に情報発信をしていきます。

スポンサーリンク

バリューコマースで一括承認するための事前準備

承認作業を行う前に必要なものを解説します。

必要なものは、

  • バリューコマース経由の注文ステータスがわかるデータ
  • テキストエディタ

以上の2つです。

バリューコマース経由の注文ステータスがわかるデータ

まずは注文のステータスがわかるデータを用意しましょう。

今回は、注文データバリューコマース側の情報が「注文番号」で紐づけられている場合を想定して説明します。

①バリューコマース経由で「注文番号1」の注文が入る
②「注文番号1」の作業が完了する(企業側の注文データ参照)
③バリューコマースで承認作業をする

イメージとしてはこのような流れです。

大量の注文が入っている場合、個別に承認すると膨大な時間がかかってしまうので、CSVデータのアップロードで一括承認をするのが今回の目標です。

テキストエディタ

詳細は後述しますが、一括登録用のCSVデータはエクセルやスプレッドシートで開くとアップロードの際に適切に処理されなくなってしまいます。

なので、ダウンロードしたCSVを直接編集するためにテキストエディタを用意しましょう。

基本的にはどのエディタでも問題ありませんが、今回は「mi」を使用しました。

mi - テキストエディタ

バリューコマースで注文を一括承認する方法

それでは早速、バリューコマースで注文を一括承認する方法を解説していきます。

大まかな流れとしては、

1.バリューコマースから保留注文データをダウンロード
2.CSV置換用データを作成
3.テキストエディタで保留注文データを書き換え
4.保留注文データをアップロード

以上のようになります。

それぞれについて詳しくみていきましょう。

1.バリューコマースから保留注文データをダウンロード

まずはバリューコマースから保留注文データのCSVをダウンロードします。

注文管理→保留注文をクリック。

注文ステータス「保留」にチェックを入れて「CSVで出力」をクリックすれば保留注文のデータのダウンロードが始まります。

2.CSV置換用データを作成

前にさらっと触れましたが、バリューコマースからダウンロードしたデータをエクセルやGoogleスプレッドシートで編集してしまうと、アップロードした際に正常に処理されません。

エクセルやスプレッドシートを使用してはいけない理由としては、CSVの形式が変わってしまうから。

基本的に、エクセルやスプレッドシートは「カンマ区切り」の「CSV」ですが、バリューコマースからダウンロードしたデータは「タブ区切り」の「CSVという変わった形式になっています。

エクセルやスプレッドシートをにインポートすると自動的に「カンマ区切り」の「CSV」に変換されてしまうので、適切に処理されなくなってしまうというわけです。

なので、ダウンロードしたままの形式を保つために、直接CSVを編集できるテキストエディタを使用する必要があります。

*カンマ区切り:カンマで1セルが区切られた形式
*タブ区切り:タブで1セルが区切られた形式

ここでは、テキストエディタでダウンロードしたCSVを書き換えるための下準備をしていきます。

ざっと流れを説明するとこんな感じ。

2-1. 同一ブック内に「注文データ」と「保留注文データ」をアップロード
2-2. 「保留注文データ」のシートにステータス確認用の列を追加
2-3. テキストエディタで使用する置換用データを作成

文章だとわかりにくいので、それぞれについて画像付きで解説していきます。

2-1. 同一ブック内に「注文データ」と「保留注文データ」をアップロード

注文データのサンプルを作成してGoogleスプレッドシートにアップロードしました。

今回の作業では、「完了」の注文は承認し、「キャンセル」「ユーザーキャンセル」の注文は拒否、「予約確定」の注文は保留のままにしようと思います。

上画像の列A〜EはバリューコマースからダウンロードしたCSVをアップロードしたものです。(クリック日・注文日を消去した上で、必要のない列は削除しています)。

2-2. 「保留注文データ」のシートにステータス確認用の列を追加

列G〜Iでステータス確認用データを作成。

「注文番号」をもとに、注文データを貼り付けたシートから注文毎のステータスを引っ張ってきます(列I)。

そして、注文データのステータスを一括アップロード用のステータスに書き換えて(列G)、列Hの形式※にします(置換用データ作成時に必要です)。

IFS関数等で自動化すると楽です。

サンプルのダウンロードはこちらから。
このサンプルを少しいじれば簡単にアップロード用データを作成できます。

列Hさえ問題なくできていれば他は変更して構いません。

【注文データのステータス】

・ユーザーキャンセル
・キャンセル
・完了
 … etc

以上のような、注文データ上のステータス。企業によって異なりますね。

【一括アップロードのステータス】

・承認
・拒否
・保留

以上の3通りのみ。これ以外は一括アップロード時にエラーが出ます。

※【列Hの形式】

注文ID[tab]実際のステータス(承認or拒否or保留)

*[tab]はスプレッドシート上では空白として表示されます。

2-3. テキストエディタで使用する置換用データを作成

テキストエディタで使用する置換用データを作成します。

作成方法としては、「VCデータ貼り付け」のシートの列Hを、「注文ID[tab]保留」と交互に並べるだけ。

つまり、以下のようになります。具体例は上の画像のE列を参照。

【結論:シート上でこれを作成すればOK】

注文ID[tab]保留
注文ID[tab]実際のステータス
注文ID[tab]保留
注文ID[tab]実際のステータス

*[tab]はエクセル・スプレッドシート上では空白として表示

FRATTEN関数などを利用して縦にデータをならべましょう。

上記のように「注文ID[tab]保留」を挟む理由のは、テキストエディタでの置換方式によるものです。

便宜上先頭に数字をふって

①注文ID[tab]保留
②注文ID[tab]実際のステータス
③注文ID[tab]保留
④注文ID[tab]実際のステータス

とすると、テキストエディタでは①を検索して②と置換、③を検索して④と置換…といった処理がなされるため、検索値として「注文ID[tab]保留」が必要になります。

3.テキストエディタで保留注文データを書き換え

ここからは、テキストエディタを使用して「保留注文データ」を直接編集していきます。

手順としては、

3-1. テキストエディタで「保留注文データ」を開いて表示形式をCSV→TSVに
3-2. 置換用データを新規作成
3-3. 「保留注文データ」に戻り、置換用データを用いて一括置換

以上の流れになります。

それぞれについてみていきましょう。

3-1. テキストエディタで「保留注文データ」を開いて表示形式をCSV→TSVに

置換用データが完成したら、テキストエディタで最初にダウンロードした「保留注文データ」を開きます。

今回は「mi」を使用しました。

データがごちゃついているので、CSV表示からTSV表示にしましょう。

CSVはカンマ区切り、TSVはタブ区切りという意味です。

表示形式をTSVに変更しただけなので、編集中のファイルがCSV形式であることは変わりません。

TSV表示にすることで、列が揃ってだいぶスッキリしました。

3-2. 置換用データを新規作成

ファイル→新規→TSVを選択して、置換用のファイルを作成します。

先ほどスプレッドシート上で作成した置換用データを新規ファイルに貼り付けます。

「”」が邪魔なので「control + FF」で検索/置換タブを出し、「”」を全て空白と置換。

「”」を消せたら保存します。これで置換用データの完成です。

3-3. 「保留注文データ」に戻り、置換用データを用いて一括置換

「保留注文データ」に戻ったら「control + FF」で検索/置換のタブを出し、上の画像のようにチェックを入れて「一括置換」をクリック。

あとは、先ほど作成したファイルを選択しましょう。

うまくいけば、全て「保留」だった列「ステータス」に「承認」や「拒否」の文言が表示されます。

無事置換できたらそのまま保存しましょう。

うまくいかない場合は、列「注文ID」「ステータス」「注文番号」を選択した状態で置換を行うと成功することがあります。

4.保留注文データをアップロード


最後にバリューコマース管理画面に戻ってCSVをダウンロードした画面から「一括処理(ファイルアップロード)」を選択し、先ほどテキストエディタで編集したファイルをアップロードすれば承認作業が完了です。

うまくいくと、アップロードに成功した旨のテキストが表示されます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

バリューコマースは一括処理用CSVを直接編集する必要があり、ヘルプの解説も少し不親切であることから、承認作業に手間取る方は多いと思います。

この記事を参考に、アフィリエイト承認作業を効率化してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました