canon『EOS Kiss x9』の使い方を解説!動画の撮り方も紹介

スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク

SNSが生活になくてはならないものになったこのご時世、フォトジェニックな写真をお手軽に取れたら嬉しいですよね♪

そんな願いを叶えるのが、一眼レフ。

ちょっとお値段は張りますが、使い方次第でプロみたいな写真を取れちゃいます。

でも、一眼レフについて、

「使い方が難しそう…」
「購入したはいいけど、何から始めればいいの…」

なんて疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

本記事では、一眼レフのうち、もっともビギナー向けなモデルの一つであるEOS Kiss x9について、

・初期設定の方法
・基本的な使い方
・プロっぽい写真を簡単に撮るための方法

以上3点を解説します!

スポンサーリンク

EOS Kiss x9はビギナーにおすすめ!

EOS Kiss x9はビギナーに超おすすめの一眼レフ

Wifi、Bluetooth、NFCによるスマホへの画像転送機能はもちろん、406gと軽重量なのもgood!

しかし、EOS Kiss x9の一番の魅力は、高いコストパフォーマンスです。

最新機のミラーレス一眼EOS Kiss Mのレンズキット(本体+レンズ)が税抜82,500円(公式ショップ)、後継機のEOS Kiss x10のレンズキットが税抜75,000円のところ、
EOS Kiss x9はなんと税抜59800円で購入できちゃいます!

性能のいい一眼レフが欲しいけど、高すぎるモデルはちょっと…という方にぴったりなカメラです!

6万円弱もの大金を払うのはちょっと心配…なんて方は、レンタルサービスがおすすめ!

DMMいろいろレンタルなら、EOS Kiss x9のダブルズームキットを2日あたり5350円からレンタルできます。

レンタルでお試ししてみて、気に入ったら購入するのもいいでしょう!

canon『EOS Kiss x9』の使い方&初期設定

一眼レフの初期設定って、難しそうなイメージがありますよね。

実はそんなことなくて、多くの機能は液晶パネルで操作できる親切な設計なんです。

特に、EOS Kissシリーズはビギナー向けのモデルなので使いやすい作りになっていますよ♪

ここからは、EOS Kiss x9使い方初期設定の方法をみていきましょう!

撮影までは、次のような流れで作業していきます!

1, バッテリーを充電
2, キャップを外してレンズをはめる
3, 電源を入れて時間設定
4, 手ぶれ補正&オートフォーカスをオンに
5, SDカードを挿入
6, オートで試し撮り!

バッテリーを充電して取り付け

まずはバッテリーを充電しないと始まりません。

付属の充電器にバッテリーをセットして充電しましょう。

約2時間でフル充電できます!

充電し終わったら、本体下部からバッテリーを入れましょう!

SDカードを挿入

バッテリー挿入口のすぐとなりにある挿入口に、SDカードをセットします。

SDカードはいちいち抜き差しする手間を省くために、できるだけ大容量のものを選ぶといいですね♪

データを高速転送できるものだとなおgood!

電源を入れて時間設定

電源を入れると時間設定画面になるので、指示通りに時間を設定します。

カメラ右側の十字キーで操作していきます。

キャップを外してレンズをはめる

ここでいよいよ、本体にレンズを装着!

全てのキャップを外したら、カメラとレンズの装着面にそれぞれある四角マークを目安に、カメラにレンズをはめ込みます。

カチッと言うまでレンズを回せば、レンズの取り付け完了です!

AF(オートフォーカス)とスタビライザーをオンに

AF(オートフォーカス)スタビライザー(手ぶれ補正)をオンにしておきましょう。

初心者でも撮影しやすくなりますよ♪

AFとスタビライザーはレンズ側面の切り替えスイッチから設定しましょう。

AF(オートフォーカス)で試し撮り!

ここからはついに、一眼レフを使って撮影をしていきます。

まずは一番簡単に扱える、オート(Aのマーク)で試し撮りしてみましょう。

そのために、ここでは

・ズームしてみる
・シャッターを切る
・撮影画面をモニターに表示
・撮影した写真を確認する

以上4つの基本操作を解説していきます!

ズームしてみる

カメラの穴を覗きながら、レンズの大きな方のダイヤルを回してみてください。

反時計回りに回すとズームし、逆だと対象から離れます。

ちなみに、小さい方のダイヤルはピントを合わせるためのもの。

前述のオートフォーカス機能を利用すれば、触る必要はありません!

シャッターを切る

試しにシャッターを切ってみましょう。

シャッターの場所は右やや前面の部分にあります。

撮影画面をモニターに表示

撮影画面はモニターに表示させることもできます。

赤いマークの横のボタンを押すと、モニターが撮影画面になりますよ♪

撮影した写真を確認する

撮影した写真は下部の三角マークから確認できます。

横のゴミ箱マークからは写真の削除が可能です!

写真をスマホに転送

Canon Camera Connect - Google Play のアプリ
Canon Camera Connectは、キヤノンの対応カメラで撮影した画像をスマートフォン/タブレットに取り込んで活用する為のアプリケーションです。 カメラとのWi-Fi接続(ダイレクト接続あるいは無線LANルーター経由)することで、本アプリケーションは以下のことが可能です。 ■カメラで撮影した画像をスマートフォ...
‎Canon Camera Connect
‎Canon Camera Connectは、キヤノンの対応カメラで撮影した画像をスマートフォン/タブレットに取り込んで活用する為のアプリケーションです。 カメラとのWi-Fi接続(ダイレクト接続あるいは無線LANルーター経由)することで、本アプリケーションは以下のことが可能です。 ■カメラで撮影した画像をスマートフ...

公式アプリを利用すれば、簡単に写真のデータをスマホに転送できます。

SNSに簡単に投稿できちゃいますね♪

一眼レフっぽい写真を撮るには?

EOS kiss x9の基本的な使い方がわかったと思います。

もちろん、先にご紹介した方法でもきれいな写真を取れます。

しかし、写真を撮るだけならスマホのカメラにもできること。

せっかくなら一眼レフっぽい写真を撮影していみたいと思いませんか?

上の写真なんか、手前のボトルはくっきりしているのに、背景はぼやけていてとってもおしゃれですよね♪

ここからは、絞り優先モードを利用して、一眼レフっぽい写真の撮る方法を解説します!

絞り優先モードとは

絞り優先モードとは、簡単に言えば背景をぼやけさせる機能です。

カメラのモードとしては「Av」と表示されていますね。

それでは、絞り優先モードの使い方をみていきましょう!

モードをAvに切り替え

まずは、カメラのモードを絞り優先モードに変更します。

カメラのダイヤルをAvに変えてみましょう!

ダイヤルで絞り値を調節

カメラ上部のダイヤルを回ことで、絞り値を調整できます。

絞り値が大きいほどぼやけが大きくなり、小さいほどぼやけなくなります。

まずは、値をいろいろ調節して撮影してみましょう!

絞り値の値を可能な限り下げてみるのがおすすめですよ♪

もっと背景をぼやけさせたいときは

写真の撮影対象によっては、十分にぼやけてくれないことがあります。

そんなときは、

・レンズを望遠側にする
・被写体に接近する

以上2つの方法を試してみてください!

実際に撮った写真はこちら

絞り優先モードを使って実際に撮影した写真がこちら。

手前側はくっきりとしているのに、後ろにあるものはぼやけていますよね♪

初心者でも簡単にプロっぽい写真が撮れちゃいますよ!

EOS Kiss x9で動画を撮る方法

EOS Kiss x9は写真を取れるだけでなく、動画も撮れちゃうんです。

実は、動画撮影にはEOS Kiss x9がとってもおすすめ。

というのも、フルHD 60pで撮影できちゃうのです。

しかも、なんとタイムラプス動画も撮れちゃいます!

動画の撮影方法はとっても簡単。

ダイヤルを動画撮影マークに合わせて、カメラ背面の赤いマークのボタンを押します。

一眼レフと一緒に買うべき必須アイテム

最後に、一眼レフと一緒に買うべきアイテムをみていきましょう。

一眼レフを購入するときに一緒に揃えておくのがおすすめです!

レンズ保護フィルム

カメラレンズは高価なだけでなくとっても繊細なので、傷がついたら大変です。

レンズ保護フィルムでしっかりガードしましょう!

収納バッグ

レンズはキャップをつけていたとしても、衝撃をあたえると壊れてしまうことがあります。

専用のバッグに収納して安全に持ち運びましょう!

カメラ用三脚

タイムラプス動画を撮影したいなら、カメラ用三脚は必須です。

安定した写真撮影が可能になりますよ♪

リモコンシャッター

カメラのシャッターを切る時に、カメラがブレてしまう…なんてことを防ぐのにとっても便利なのはリモコンシャッター。

こだわった写真を撮影したい!という方におすすめです!

まとめ

いかがだったでしょうか。

EOS Kiss x9の使い方がわかったと思います。

一眼レフを使って、何気ない日常の一瞬を一枚の写真として切り取ってみてください。

日々の生活がちょっと豊かになること間違いなしです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました