Keyの隠れた名作planetarian(プラネタリアン)の感想・ネタバレ!

スポンサーリンク
サブカル
スポンサーリンク

今回は2016年の夏のアニメ、planetarianについて紹介させて頂こうと思います。

2004年にkeyが原作となるゲーム版を世に送り出したのですが、そのアニメ版ですね。正直この作品は悲運で、あの超有名アニメ映画の『君の名は』と公開時期がまるかぶりしてしまったことから、当時はあまり話題になることはありませんでした。

しかし私はあえて言わせて頂きたい。

『君の名は』よりも『planetarian』の方が断然泣けるぞ!!!

とね。

これを観るまでは自分の中では『CLANNAD』が一番泣ける作品だったのですが、マジで比較にならないくらい泣き要素が詰め込まれています。

制作陣は私たちの涙腺をどうしたかったんですかね。まあガバガバにしたかったんでしょうけど。

それでは、planetarian(プラネタリアン)の感想・ネタバレをみていきましょう!

スポンサーリンク

planetarian(アニメ版)とは?

先ほども少し触れたのですが、2004年に発売されたゲームをもとにしてこのアニメは作られました。

ゲームの発売開始から12年後の2016年7月にWEB配信アニメとして『planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜』全5話が配信。同年9月に劇場版アニメ『planetarian 〜星の人〜』が公開された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Planetarian_〜ちいさなほしのゆめ〜

ゲーム発売から実に12年の時を経て、ようやく作られたアニメだったんですね。

プラネタリアンのあらすじ

勉強会

近未来の世界大戦と細菌兵器によって荒廃した世界。人々から忘れ去られた都市の忘れ去られたプラネタリウムの中で、ロボットが一人ぼっちで残されていました。

そのロボットの名は『ほしのゆめみ』。大戦が始まる前、そのプラネタリウムで解説員をしていた彼女は、都市が放棄されてから実に長い年月が経った今でも誰か来ることを信じて、来るはずのないお客さんを待ち続けていました。

彼女が待ち始めてから約30年のある日、一人の男がプラネタリウムに迷い込みます。男の職業は屑屋。都市で貴重物資の回収を生業にしている彼は、その日も物資の回収に来ていたのでした。

投影場に入った屑屋は、ひとりぼっちでお客さんを待ち続けていた彼女と出会います。

「おめでとうございますっ!あなたはちょうど250万人目のお客様です!」

ロボットのゆめみは数十年ぶりにお客さんが訪れたことを喜び、プラネタリウムの特別上映を彼に見せようとしますが、肝心の投影機は壊れていました。

最初は突然現れたロボットのゆめみを警戒する屑屋でしたが、健気にお客を待つ彼女と一緒に投影機を修理したり、彼女のプラネタリウム上映を聞く内に次第に心を開いていきます。

しかし、プラネタリウムの上映を最後に都市の電力供給も停止してしまいます。自分が心を許したゆめみをこのまま置いていけないと考えた屑屋は、自分と共にゆめみを外に連れ出そうとしますが…。

プラネタリアンの泣ける感動ポイント

配信・劇場アニメ「planetarian」予告編
『劇場版 planetarian 星の人』 予告編

ロボットのゆめみちゃんならではの一言一言や、屑屋の心の変化。そしてWEB配信版の最後につく屑屋の優しい嘘等々に注目しながら鑑賞して頂きたいです。

「人間の皆様を不安にさせたり、不快な思いをさせることのないよう、一生懸命お仕えすることが私たちロボットの喜びです!」

本当に健気ですよ…。

planetarianを視聴するには?

planetarian(プラネタリアン)は動画配信サイト UーNEXTで視聴できます。

31日間の無料体験期間があるので、利用しない手はありません!

planetarianだけでなく、「クラナド」や「エンジェルビーツ」といったkeyの名だたる名作も視聴できます。

さらに、U-NEXTならアニメだけでなく、漫画やラノベも楽しめるんです。

key作品はその人気ゆえアニメ化だけでなく、ノベライズやコミカライズされている作品も多いので、key好き、いわゆる「鍵っ子」のみなさんはぜひU-NEXTでkey作品を楽しんでみてください!

さいごに

「プラネタリウムはいかがでしょう。 どんな時も決して消えることのない、美しい無窮のきらめき......。満天の星々がみなさまをお待ちしています」

公開から三年近く経った今作ですが、未だに私の中では一番泣けるアニメです。

ロボットのほしのゆめみちゃんと屑屋達が紡ぐ感動の物語を、皆さんも是非みてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました