コロナビールの味や飲み方を徹底解説!ライムですっきりメキシコ産

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク

昨今のコロナウイルスの流行により、とんでもない風評被害を受けたお酒があります。

それは、コロナビール。

そのまんま「コロナ」が名前に入っているので、
風評被害はやむをえないです…笑。

そんなコロナビールについて、詳しく知らない方は多いのではないでしょうか。

本記事では、コロナビールの味や飲み方、生産国などについて徹底解説していきます!

居酒屋やバーで見かけたらつい飲みたくなること間違いなしです!

スポンサーリンク

コロナビールはどこの国のお酒?

そもそも、コロナビールはどこの国のビールなのでしょうか。

それはズバリ、メキシコなんです。

メキシコのモデーロ社が製造するメキシコビールのひとつで、
正式名称は「コロナ・エキストラ」。

日本の輸入ビール第一位として知られている
有名なビールです。

コロナビールの味は?

コロナビールの概要がわかったと思います!

それでは、コロナビールの味はどのようなものなのでしょうか。

コロナビールは日本のビールと同じピルスナーなので、
普段飲み慣れている日本のビールと味は似ています。

ピルスナーとはチェコ原産の「ピルスターウルケル」というビールが
源流のビールです。
日本でよく見る「ラガービール」と同じものなんですよ♪
ちなみに、ラガーはドイツ原産です。

味はさっぱりとしていてごくごく飲めるもの。

日本のビールと比較してさらにすっきりとしているといわれていますよ♪

コロナビールの飲み方はライムがポイント

コロナビールがどういうお酒かわかったと思います。

それでは、コロナビールの飲み方をみていきましょう。

ここでは、3種類の飲み方をご紹介しますね♪

ライムと一緒に楽しむのが人気

コロナビールにはライムが相性ぴったり!

コロナビールの広告として「ライムがなければコロナを飲むな」というキャッチコピーが使用されたほどなんです!

ライムを入れることで、爽快感がぐっとアップしますよ♪

ちなみに、コロナビールはビンのまま提供されることが多いです。
さらに、「立って飲むのがお行儀です」という広告の通り、立ったままビンでラッパ飲みが定番!

ライム+塩で風味アップ!

コロナビールはライムだけでなく、塩との相性もバッチリ!

ビンやグラスの縁に塩をつけるスノースタイルはとってもおしゃれですね♪

また、普通に塩を舐めながらコロナビールをぐいっとあおるのもgood!

さわやかなだけでなく、コクも楽しめますよ♪

そのまま飲んでももちろん美味しい

ライムや塩と一緒に飲む飲み方をご紹介してきましたが、
もちろんそのまま飲んでも美味しいです!

普通のビールより飲みやすいのでグイグイいけちゃいます!

豪快にラッパ飲みしちゃいましょう!

コロナビールを飲んでみた感想

先日居酒屋でコロナビールを見かけたので、
実際に飲んでみました!

お値段は600円とまずまずの値段。お店によって上下すると思います!

肝心の味のはと言うと…

「普通のビールとの違いがいまいちわからん!!」

といった感じ。

さっぱりしていると言われればそんな気がするし、
いつもと同じと言われればそう納得する…という感想でした。

とはいえ、ビンから直接飲むと言う特別感は魅力的!

とにかく、おいしかったからよし!!

特におつまみの唐揚げととっても相性が良くて美味でした!

コロナビールのお値段は?

コロナビールの味や飲み方がわかったと思います。

コロナビールを購入してみたい!と思った方のために、
最後にお値段をご紹介しますね!

Amazonのコロナビール公式ページでは、
355ml×8本セットが2639円で販売されています。

2%offクーポンを利用できるので、
ぜひ公式からの購入を検討してみてください!

もっとたくさん楽しみたい方には355ml×24本セットがあります。

こちらは5224円になりますが、2%offクーポンに加えて定期お届け便を利用できるので
たくさん楽しみたい方におすすめですよ♪

まとめ

いかがだったでしょうか。

コロナビールの味と飲み方のイメージを持っていただけたら嬉しいです。

皆さんも、ぜひコロナビールの爽やかな味を楽しんでみてください!

「コロナ」という名前はあまりいいイメージはありませんが、
ただの風評被害なので…笑。

コメント

タイトルとURLをコピーしました