ラーメン二郎をまずいと思ったあなたに知ってほしいこと

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク

ラーメン二郎を初めて食べた方は、2通りに別れるといわれています。

それは、ハマってなんども店に訪れるようになる人まずいと感じてもう食べなくなる人です。

というのも、ラーメン二郎は普通のラーメンとは一線を画す超個性的なラーメンなので、人を選ぶのもしょうがないところがあります。

そこで本記事では、ラーメン二郎をまずいと感じてしまった人のために、ラーメン二郎をまずいと感じる理由ラーメン二郎を美味しく楽しむコツを紹介しますね♪

スポンサーリンク

ラーメン二郎とは

ラーメン二郎とは、東京都港区三田に本店を構えるラーメン店です。

暖簾分けによって、関東を中心に全国へ展開していますね。

普通のラーメンとは一線を画す個性的なラーメンで、超極太の麺や極厚の煮豚、濃厚な豚骨醤油スープ、山盛りに盛られたモヤシといった特徴があります。

その暴力的な味からラーメン二郎にのめり込む人も多く、彼らは「ジロリアン」と呼ばれるほどなんです!

また、「ニンニクヤサイマシマシ」といったコールで、ニンニク、ヤサイ、カラメ、アブラの4種の無料トッピングを追加できるのもラーメン二郎ならではですね!

ラーメン二郎をまずいと思う理由

それでは、ラーメン二郎をまずいと感じる理由をみていきましょう。

ラーメン二郎をまずいと感じる理由として、

・量を増やしすぎている
・食べ方の順序が良くない
・ラーメン二郎特有のルールに馴染みがない

以上3つが考えられます!

量を増やしすぎている

ラーメン二郎はとにかくボリュームたっぷりのラーメン。

その量は小サイズで普通のラーメンの2倍とも言われています。

ただでさえボリューミーなラーメンにヤサイを増したらかなりの量になるのは想像に難くないですよね。

食べ方の順序がよくない

ラーメン二郎はとにかくこってりしていて味が濃いのが特徴です。

なので、箸を進めているうちにどんどん口の中が脂っこくなっていきます。

そんな中、油でトロトロの煮豚を食べるのは一苦労でしょう!

ラーメン二郎特有のルールに馴染みがない

ラーメン二郎が超ボリュームたっぷりのラーメンをお手頃な価格で提供できる要因のひとつは、その回転率の速さにあります。

そして、その回転率を保つにはお客さんの協力が不可欠。

なので、ラーメン二郎には店舗ごとに独特なローカルルールが存在することがあるんです。

そのルールに馴染みがないと、戸惑うこともしばしばあると思います。

ローカルルールに困惑した後に食べるラーメンはいいものとは言えないですよね。

ラーメン二郎を美味しく楽しむコツ

ラーメン二郎をまずいと感じる理由がわかったとおもいます。

それでは、どうすればラーメン二郎を美味しく楽しめるのでしょうか。

ここからは、ラーメン二郎を美味しく楽しむコツとして、

・自分に適切な量を知る
・食べ方のコツを掴む
・店舗に特有のルールを調べておく

以上3つのポイントを紹介しますね♪

自分に適切な量を知る

まずは、自分がどれくらいの量を食べれるのか把握しましょう。

初めて来店するときは「小ラーメン」を「麺少なめ」で注文するのがおすすめ。

この量であれば、普通のラーメンより少し多い程度の量になります。

ここから、徐々にステップアップすると無理なく食べ進められるようになりますよ♪

トッピングについては、まずは「ヤサイ少なめニンニク」にするといいでしょう。

ヤサイは程々の量で食べやすく、ニンニクが味を引き締めてくれますよ!

食べ方のコツを掴む

ラーメン二郎を初めて食べる方は、どこから食べ始めればいいんだ…と戸惑うこともあるでしょう。

ラーメン二郎を比較的楽に完食するためのポイントは次の2つ!

・煮豚を先に食べる
・「天地返し」をする

煮豚はとにかく油っこいので、一番最初に片付けておくのがベター。

天地返しとは、スープの下に沈んでいる麺をヤサイの上に引き上げることです。

麺を空気と触れさせることで、効果的に麺を冷ますことができますよ♪

ラーメン二郎はゆっくり味わうのではなく、ひたすらがっつきましょう。

ゆっくり食べているとどんどん満腹感にやられます。

「天地返し」は麺を一気にすするためでもあるんです。

店舗に特有のルールを調べておく

スムーズにラーメンを楽しむためにも、あらかじめ店舗特有のルールを調べておきましょう。

ラーメン二郎の店舗は暖簾分けなので、店舗ごとにルールが多少異なることがあるのに注意です!

ラーメン二郎桜台店と荻窪店のルール・流れはこちらの記事にまとめています!

随時、多店舗も追加予定です。

ラーメン二郎の魅力と楽しみ方

ラーメン二郎を美味しく楽しむコツがわかったとおもいます。

ラーメン二郎でラーメンを食してみたくなってくれていると嬉しいです。

最後に、私が考えるラーメン二郎の魅力と楽しみ方を紹介しますね♪

ボリュームたっぷりのラーメンが魅力

ラーメン二郎荻窪店のラーメン

やはり、最大の魅力はそのボリュームです。

通常のラーメンの2倍以上の量を750円ほどで楽しめるのは最高だと思いませんか?

しかも、無料トッピングでヤサイやアブラを追加することも可能。

ヤサイでさらにボリュームが増したラーメンを、トロトロのアブラと一緒に口へと運ぶと幸せになれます。

完食した後の満足感は、他のラーメンではまず味わうことのできない感覚でしょう!

「聖地巡礼」のような楽しみ方ができる

ラーメン二郎は関東を中心として、全国に約40店舗を展開しています。

チェーン店とは異なり、それぞれの店舗は暖簾分けとしての立ち位置であるため、店主によってラーメンの味に個性が出るのです。

なので、各地のラーメン二郎を巡ってそれぞれの店舗の味の違いを楽しむという聖地巡礼をするのもおすすめです。

例えば、ラーメン二郎三田本店と目黒店は醤油がキリッとした非乳化スープですが、桜台店やひばりヶ丘店はトロトロした乳化スープであるといった違いがあります。

好みの味の二郎を探すのも楽しいですね♪

味の「ブレ」も魅力のひとつ

ラーメン二郎は、カエシの効き具合やヤサイの茹で加減、スープ煮込まれ具合などによって味がブレやすいです。

良くも悪くも、あれ、この前と味がちょっと違うような…なんてことがあります。

特に、ラーメン二郎三田本店は味のブレが大きいことで有名ですね。

味のブレを楽しむという楽しみ方もあるんですよ♪

まとめ

いかがだったでしょうか。

ラーメン二郎をまずいと感じた方も、美味しく楽しむ方法を知った上でぜひもう一度来店してみてください。

ラーメン二郎の虜になるかもしれませんよ♪

くれぐれも、カロリーの摂りすぎには注意しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました