【漂白剤】ハイターで服が赤くなる場合の対処法!予防方法も紹介

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

皆さんは、漂白剤ハイターを使ってシャツを洗濯したとき、

「あれ、袖や襟が赤くなってる…」

なんて経験をしたことはありませんか?

せっかくの大切な洋服が汚れてしまって着られなくなった…なんてことになったら大変ですよね、

本記事では、漂白剤のハイターで服が赤くなる場合の対処法と、赤くならないための予防法を解説します。

スポンサーリンク

ハイターとは

ハイターとは、株式会社花王が製造する液体塩素系漂白剤です。

主成分は次亜塩素酸ナトリウム。

強力な漂白効果があり、黄ばみや黒ずみをすっきり漂白できちゃいます!

酸素性漂白剤と一緒に使用すると有毒ガスが発生するので注意です。

ハイターで服が赤くなる原因

ハイターを使って汚れを落とそうとしたら、襟や袖が赤くなることがあるのはなぜなのでしょうか?

服が赤くなる原因は、すばり日焼け止め

ハイターの成分と日焼け止めの成分が反応することで、赤くなってしまうんです。

日焼け止めをよく使用する夏場は特に気をつける必要がありそうですね。

ハイターで服が赤くなる時の対処法

ハイターで服が赤くなる原因は、日焼け止めとハイターの化学反応であることがわかりましたね。

ここからは、ハイターで服が赤くなってしまった時の対処法として、

・濃縮タイプの液体洗剤で落とす
・中性洗剤で落とす

以上2つの方法を紹介します。

濃縮タイプの液体洗剤で落とす

まずは、濃縮タイプの液体洗剤を使った方法。

この方法は、ハイターの製造会社花王のホームページでも紹介されています!

洗い方は簡単3ステップです。

1, 赤くなった部分に液体洗剤をたっぷりつけて、10 〜 15分置いておく

2, ていねいにもみ洗いし、よくすすぐ。

3, 汚れが落ちない場合、以上2ステップを繰り返す。

この方法で服を洗う前に、念のため洗濯表示の確認は忘れないようにしましょう!

中性洗剤でも十分きれいに!

花王のホームページでは濃縮タイプの液体洗剤の使用が推奨されていますが、洗濯物にやさしい中性洗剤でも十分に赤みを落とせます

手順は濃縮タイプの液体洗剤と同様です。

中性洗剤は服にやさしいので、傷みやすい服を洗うのにおすすめですね!

ハイターで服が赤くならないためには

ハイターで服が赤くなる場合の対処方法がわかったと思います。

それでは、そもそもハイターで服を赤くしないためにはどうすればいいのでしょうか。

実は、ハイターの製造会社花王が赤くならないための予防方法も紹介してるんです!

ここからは、日焼け止めが着いた服をハイターで洗っても赤くならないように

・日焼け止めが着いた場所を部分洗い
・液体洗剤を付けてから洗濯機へ

以上2つの予防方法を紹介しますね!

日焼け止めが着いた場所を部分洗い

日焼け止めが付いちゃったかな…と思った部分を、洗濯機に入れる前に部分洗いしちゃいましょう!

体と密着しやすい襟や袖を重点的に洗うといいですね!

時間が経つと日焼け止めの成分が服に染み付いてしまうので、できるだけ早めに部分洗いするのがおすすめです!

液体洗剤を付けてから洗濯機へ

濃縮タイプの液体洗剤を日焼け止めが付着しそうな部分に付けてから洗濯機に入れるだけでも、赤くなりにくくなります。

気になる部分にちょっとつけるだけなのでお手軽です。

クリーニングなら一発で解決

どうしても服の赤い汚れがとれないときは、諦めてクリーニングに出すのが正解。

最寄りのクリーニング店に出すのもいいですが、最近話題の宅配クリーニングなら専用ボックスに詰めて自宅から送るだけでOK

クリーニングが終わったら自宅に届くのでお店に取りに行く必要がなく、お手軽なので利用者を伸ばしていますね!

実店舗を持たず家賃・人件費を抑えられるためコスパもgood!

日々のワイシャツの洗濯・アイロンがけをまるっと依頼したり、衣替えの時期まで10ヶ月以上冬服を保管してくれたりと、便利なサービスをお手頃な価格で利用することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ハイターで服が赤くなる場合は、しっかり液体洗剤で赤い部分を落としてみてください。

きれいな洋服ですっきりさわやかに過ごしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました