エアコン業者に掃除してもらったのに臭い!?原因を徹底解説

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

厳しい夏を乗り切るために必要不可欠なアイテムのエアコン。

そんな頼れるエアコンですが、長年使用していると突然くさーい風が出てくるなんてことも…。

これはまずい!と思ってお掃除しても、一向に臭いが取れない…なんて経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

エアコン業者にお掃除してもらったのに、まだ臭いなんてことも…

本記事では、エアコン業者に掃除してもらったのに臭い!という方のために、臭いの原因と対策方法を紹介します!

スポンサーリンク

エアコンが臭い理由

そもそも、エアコンはなぜ臭くなるのでしょうか。

その原因は、主にエアコン内部のカビなんです。

エアコンで空気を冷やす時に発生する結露が、ホコリなどの汚れとくっついてカビを発生させてしまいます。

カビが生えたエアコンからの空気を吸っていると考えるとぞっとしますね…。

健康に悪影響がでるまえに、しっかり掃除しちゃいましょう!

エアコンを掃除する方法

それでは、エアコンはどうやって掃除すればいいんでしょうか。

自分でお掃除できるのは、取り外しやすいフィルターの部分。

画像にあるような、エアコンをぱかっと開けてすぐに取り外せる部分ですね♪

フィルターはホコリをとるパーツなので、汚れがとってもたまりやすいんです!

このフィルター、中性洗剤やアルコールでお掃除することもできますが、おすすめなのは洗浄スプレー。

エアコンのフィルターを簡単にきれいにできちゃいます。

使い方はとっても簡単。エアコンのフィルターに吹き付けるだけでどんどんホコリが浮き出てきますよ♪

エアコンを掃除しても臭いままなのはなぜ?

エアコン業者に掃除してもらってスッキリ!と思ったのに、なぜか臭いまま…なんてことがたまにあります。

その理由は、エアコンの奥のパーツをきれいにできていないから。

たとえば、取り外せないパーツの「ファン」や「ドレンパン」。

ファンは風を起こす部分で、横長の筒のような部品。

ドレンパンは、エアコンで発生した結露をためて室外に出すためのパーツです。

これらの部分に汚れが溜まっていると、表面的な部分を掃除しても臭いが取れないんです。

ファンについては、ファンクリーナーという商品を使用すれば自分でもお掃除できるのですが、誤った使い方をすると火災などの事故につながることがあるのでおすすめはできません。

おそうじ本舗なら信頼のサービス

エアコン内部を自分でお掃除すると危険なことがわかりましたね。

そこで、エアコン掃除はプロにお任せしちゃいましょう!

エアコン掃除はやっぱり大手のおそうじ本舗にお願いするのがおすすめ。

作業時間はたったの約1時間で、エアコン内部までピッカピカにしてくれます。

140万代のサービス実績と研修を受けたプロの作業は信頼性バッチリですね♪

エアコン掃除をせずにカビた空気を吸い続けたり、自分で掃除しようとして故障させてしまうのは嫌だと思います…。

そうならないためにも、プロの技でエアコンをきれいにして清々しい空気を手に入れましょう!

エアコンクリーニングの需要が増える夏頃はキャンペーンを実施していることが多いのでぜひ下記リンクからおそうじ本舗の情報を見てみてくださいね♪

まとめ

いかがだったでしょうか。

エアコン業者に掃除してもらったのに臭い!ということがあるのは、エアコンを内部までお掃除できていないから。

そんなときは、内部のお掃除をお掃除本舗のプロに頼むのが安全でおすすめです。

みなさんも、エアコン掃除をプロにお願いしてすっきりしちゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました