通信制大学の「学歴にならない」「評価されない」の噂が間違いの理由

スポンサーリンク
編入・キャリア
スポンサーリンク

こんにちは、あかい@編入です。

通信制大学への入学を検討している方は、通信卒で得られる卒業資格について

「学歴にならない」「評価されない」

という噂を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

本記事では、通信制大学まつわる以上2つの噂が間違いである理由を解説します!

スポンサーリンク

通信制大学卒が「学歴にならない」ことはない

結論から言うと、通信制大学は「学歴にならない」という噂は完全に間違いです。

通信制大学卒と4年制大学卒の学歴に差はない

通信制大学は4年制大学と同じく文部科学省に認可された教育機関。

卒業すれば「学士」の資格を取得することができます。

つまり、就職活動の際は通信・4年生大学どちらも同じ求人に申し込むことが可能です。

資格上は、4年制大学卒と通信制大学卒は同じです!

通信でも大卒資格を取れるけど卒業が大変

4年制大学と通信制大学、どちらも同じ大卒資格をとれるなら、入試を突破しやすくて通学の必要がない通信制大学の方が簡単に卒業できそう!と思う方もいるかもしれません。

しかし、通信制大学は単位取得の難易度が高く、4年制大学よりも卒業難易度が高いとされています。

卒業率を公表している大学のデータをピックアップしてみました。

産業能率大学 通信教育課程 69.6%
東京未来大学 通信教育課程 59.3%
大手前大学  通信教育部  57.1%
東京福祉大学 通信教育課程 55.5%
日本福祉大学 通信教育部  52.1%

卒業率が高い大学でも7割程度に留まるということは、3割以上の学生は卒業できず、退学してしまうと言うことです。

このデータはあくまで卒業した人の割合なので留年した人も含まれることに注意。

つまり、入学後4年間で卒業できる人の割合はさらに低くなります。

日本大学や慶應大学といった有名大学の通信課程については、公式のデータは公表されていないものの、入学者数と卒業者数のデータから、

日本大学:20%
慶應大学:5%

以上のような卒業率であると推測されています。

コース選択に注意!「正科生」を選択

通信制大学には複数のコースが用意されています。

多少名称が異なることはありますが、以下の3コースが基本です。

・正科生
・特修生
・科目等履修生

正科生

高卒以上の学歴があり、大卒資格を取得したい人は「正科生」を選択しましょう。

4年制大学と同様、4年間以上在籍して120単位前後を取得すれば、大卒資格を取得できるコースです。

特修生

中卒・高校中退の方は「特修生」として1年間在籍することで、「正科生」に1年次から入学できるようになります。

中卒・高校中退で大学への入学を希望しているは、高卒認定試験の受験以外にも「特修生」として通信制大学に入学するという方法もあります。

指定の単位を取得することで、高卒認定試験を経ずに大卒資格の取得を目指すことが可能です。

科目等履修生

大卒資格は取得できませんが、履修したい科目だけを受講することが可能です。

特定の科目だけを学びたい方は科目等履修生を選びましょう。

大卒資格は得られませんが、単位については認められます。

通信制大学が「評価されない」は嘘

4年制大学卒と比べて通信制大学卒が評価されないと思っている方は多いでしょう。

しかし、4年制大学卒と通信制大学卒で得られるのは同じ「学士」の資格です。

「通信制大学卒だから評価されない」と考えるのは早計と言えます。

評価されないと感じている原因は、「通信制大学卒」以外の部分にあるかもしれません!

評価の受け方はアピール次第

確かに、通信制大学はは入学難易度の低さ・通学の必要がないことから普通の4年制大学と比べて一般的な評価は高いとは言えません。

しかし、「通信制大学卒」はアピールの方法次第で十分評価される可能性があります。

例えば、一人で勉強を進める必要があることから、モチベーション管理力をアピールできるのではないでしょうか。

仕事と並行で通信制大学を利用している社会人の方は、タイムマネジメント力学びへの意欲をアピールできるはずです!

「評価されない」と感じている人は学歴以外に原因があるかも

「通信制大学卒」は、あくまでその人が持つ資格の一つ。

評価されていないと感じる原因は学歴以外にある可能性もあります。

通信制大学での学びを豊かなものとすることで、自ずと評価もついてくるのではないでしょうか。

通信制大学は学生同士の繋がりが希薄になりがちですが、サークル活動やスクーリング等を利用して積極的に交流を図ると学べるものが多いと思います。

「評価される」経験を積める通信制大学を選ぶのがポイント

通信制大学は4年制大学と同様の資格を得られることがわかったと思います。

したがって、評価されるためには「大学で何を学ぶか」が重要です。

通信制大学で勉強したいけど、まだ学びたいことがまだ見つからない!という人は、身につけたいスキルから逆算して大学・学部を選ぶのがおすすめ。

通信制大学で取得できる国家資格の一例をご紹介します。

  • 保育士
  • 図書館司書
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 公認心理士
  • 臨床心理士
  • 一級建築士(国家試験受験資格)
  • 看護師(国家試験受験資格)

他にも通信制大学で取れる資格は数多くあるので、大学同士を比較しながら大学・学部選びを進めるのがおすすめです。

まとめ

通信制大学は「学歴にならない」「評価されない」と言うわけではないことがわかったと思います。

通信制大学に通うか迷っている方の力になれていれば幸いです。

本ブログでは、大学編入学情報を中心にキャリアに関する発信をしているので、ほかの記事もぜひご覧になってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました