ラーメン二郎小岩店のルールを解説!脂っkoiwaの魅力に迫る

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク

関東を中心として、全国に30店舗以上展開しているラーメン二郎。

そのなかでも屈指の人気店ながらも、
来店難易度最難関と言われているのがラーメン二郎小岩店です。

本記事では、ラーメン二郎小岩店のルールを解説した上で、
そのラーメンの魅力に迫ります!

スポンサーリンク

ラーメン二郎小岩店の営業時間は?

新代田店

まずは、ラーメン二郎小岩店の営業時間を確認しましょう!

公式ツイッターには、営業時間について以下のように記載されています!

《営業時間》10時30分~15時 土日祝日はお休みです。

なんと、平日昼しか営業していないんです笑。

来店難易度最難関のラーメン二郎と言われるだけありますね。

ラーメン二郎小岩店のアクセス

JR小岩駅から徒歩3分です。

比較的アクセスがよくて助かります!

駅前は下町感ある街並みがgood!

大通り沿いにあるので、迷うことはないはずです。

ラーメン二郎小岩店のメニュー

ラーメン二郎小岩店のメニューは以下の通りです!

  • 小ラーメン 790円
  • 少なめラーメン 740円
  • 半分ラーメン690円
  • 大ラーメン 890円
  • 豚増し券 150円
  • 缶ウーロン 100円
    (脂っkoiwa 50円)←販売停止中

基本となる小ラーメンの他に、
少なめラーメンと半分ラーメンがあるのが特徴的。

麺の量を少なめにしたいけど、小ラーメンと同じ値段なのはなんかシャクに触る…という方には嬉しいですね♪

名物の脂っkoiwaは現在販売停止中です。

ラーメン二郎小岩店のルールを解説

それではいよいよ、ラーメン二郎小岩店のルールを解説していきます。

筆者が実際に訪れた時の画像を交えての説明です!

流れを覚えておくと安心してラーメン二郎を楽しめますよ♪

ラーメン二郎小岩店の入店から退店までの流れは次の通りです!

  1. 列に接続
  2. 食券機前に来たら食券を購入
  3. 水を汲んで順番を待つ
  4. コールする
  5. ラーメンを食らう
  6. 机を拭いて退店

ここからは、それぞれについて見ていきましょう!

1.列に接続

食券はまだ購入せずに、列に接続しましょう!

並びの人数が多い場合は画像のように列が分断されるので注意です。

そのときはお店に向かって左側の列に接続しましょう!

店前の列が進むのを見計らって離れてる列から移動すればOK。

2.食券機前に来たら食券を購入

食券機の前まで来たら食券を購入します。

初めての方は小ラーメンを選びましょう。

「小」といっても通常のラーメンの2倍以上はありますが…笑。

ウイルス対策のアルコール除菌スプレーも店頭にあるので、
食券購入時についでに利用しましょう!

3.水を汲んで順番を待つ&入れ替わりで着席

食券を購入し終わったら、給水機から水を汲んで順番を待ちます。

先客が退店したら、入れ替わりで着席します。

特に店主から着席を促されることはないので注意です。

4.コールする

ここでいよいよコールをします。

コールとは、「ニンニクヤサイマシマシ!」といったアレのこと。

それほど難しいわけではないので安心してOKです。

コールで増やせる無料トッピングは、
ニンニク、ヤサイ、アブラ、カラメ(醤油だれ)の4種類。

それぞれをコールすると増やせ、
「少なめで」や「抜きで」とコールすると減らせます。

店主から「ニンニク入れますか?」と聞かれたら、
はっきりとした声で答えましょう!

私は「ニンニクヤサイアブラ」とコールしました!

5.ラーメンを食らう

コールが終わると、いよいよラーメンの着丼です。

超ボリュームのラーメンにがっつきましょう!

ラーメン二郎のラーメンを食べるのにはちょっとしたコツを知っておくと便利。
特に、麺を野菜の上に持ち上げて冷ます「天地返し」は重宝します!

6.机を拭いて退店

ラーメンを食べ終わったら食器を高台にあげて、机を拭いてから退店します。

店内はかなり狭いので他のお客さんとぶつからないように店をでましょう!

ラーメン二郎小岩店の魅力

小瀧橋店

ラーメン二郎小岩店のルールはわかりましたか?

最初は戸惑いますが、慣れればどうってことないですよ♪

最後に、ラーメン二郎小岩店の魅力を紹介していきます!

バランスが取れた非乳化系二郎

まずはラーメンのビジュアルをご覧ください!

ごろっとした豚と高く盛られたヤサイが魅力的ですね。

スープは非乳化系ながらも、塩気は強すぎず優しい味わい。

全体的に完成度が高い、本店系の味ですね♪

特に豚が特徴的で、他の店舗は2切れほどの豚がのっているところ、
小岩店では小さめの豚が何個も盛られています!

麺はツルツルした柔らかめのもの。

ズバズバすすれるので一気に完食できちゃいます。

脂っkoiwaというサイドメニュー

ラーメン二郎小岩店の特徴といえば、
何と言っても脂っkoiwa。

アブラと豚のかけらを小皿に集めたメニューです。

七味をかけてつまんでよし、麺をつけながら食べてよし、ラーメンの丼にぶち込んでよしと、
楽しみ方は無限大ですよ♪

※注意 2020年9月から脂っkoiwaの販売は停止しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ラーメン二郎小岩店のルールをしっかり覚えて、
美味しい二郎を心行くまで堪能しましょう。

もし「あまり美味しくなかった」と感じた方は、
こちらの記事をご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました